郷 屋 敷

W e d d i n g
美しい竹林

2018.07.01

グローブ選びは慎重に

グローブ選びは慎重に

結婚式で身につけるグローブ選びも慎重に

結婚式で身につける、ウェディンググローブをお探しの方はいらっしゃいませんか。こちらでは、ウェディンググローブを身につける由来や、グローブの種類や選び方について紹介しています。

ウェディンググローブの由来

結婚前の花嫁さまは昔から、無垢でけがれのない存在だと考えられてきました。グローブを身につけることで、花嫁さまの露出を控え、無垢なイメージを表すという意味があるそうです。挙式で指輪交換の際にグローブを外すことで、今からあなたのものになりますと誓う、素敵な由来があります。

ショートグローブとロンググローブ

格式がある挙式でのグローブ着用は必須と言われていますが、ウェディンググローブには、ショートタイプとロングタイプがあります。ショートグローブは、カジュアルなイメージがあるため、ガーデンやレストランで行われるカジュアルウェディングにおすすめとなっています。ロンググローブは、腕をすっきりみせてくれるため、細くみせたいという花嫁さまにはピッタリではないでしょうか。

グローブのカラーや素材について

結婚式で身につけるグローブの、カラーや素材はもちろん何でも良いわけではなく、ドレスの色とマッチさせることが大切です。真っ白なドレスなのか、オフホワイトかアイボリーなのかと、しっかりとドレスの色を確認することが重要です。グローブの素材も、クラシカルで正統派のイメージを表したいのであれば、サテンやシルク素材を選ぶことをおすすめします。ドレスと同じ色だからと言ってグローブを適当に選んでしまうと、チグハグになり後々後悔をすることになるので、慎重に選ぶようにしましょう。