郷 屋 敷

W e d d i n g
美しい日本庭園

About

郷屋敷について

初代当主柳次郎は、今からおよそ260年前に牟礼の里へ移り住み、四代目当主、半三郎義勝は、苗字帯刀を許され、高松藩から「与力」の命を受け、牟礼大町村の行政司法、警察の任に当たり、それ以降は近郷一円を治め高松藩に仕えて来ました。以来周辺の人々から「与力屋敷」として親しまれてきました。「与力」とは鎌倉時代に力を与にして加勢する人を意味し、江戸時代には上官を助ける職制として与力制度を設置、各地方を治めた。又半三郎義勝は温順にして人望暑く、文化人でもあり、牟礼を訪れる各地の著名なすい粋人、名人、達人、奇人を持て成し、宴を催し、文化交流の場としても栄えた。

外観入口付近
外観大門
日本庭園の夜景

Concept

コンセプト

家族になる日、家族になる場所【郷屋敷】国指定有形文化財の本物の重厚感ある日本庭園に包まれた特別な場所、そして揺ぎ無きおいしいお料理、大人の行き届いたサービス。このすべてが高い位置で融合してこそ「晴れやかな結婚式」が迎えられます。郷屋敷ウェディングにはこのすべてが揃っています。有名神社との提携で叶う本物の神社挙式そして味・彩がおもてなしの心を映し出す和食。大切なゲストの皆様に感謝をお伝えする最高のステージをご案内いたします。日本庭園での写真撮影も一生の宝物になります。五感が喜ぶ至福の時間、ここでしかできない本物の結婚式をお楽しみください。

日本庭園の趣のある手水鉢
桜満開の神社入口
館内挙式会場
神社社殿提携先
邸宅の入り口大門と大きな石の彫刻
花嫁化粧をする白無垢の駿府
和食フルコース
料理を作る総料理長

Reservation

ご予約

260年の歴史ある和邸宅のたたずまい、有名神社で叶う神前式、四季を感じる美しい庭園と本格和食か彩る【郷屋敷ウエディング】専属ウエディングプランナーがサポートさせて頂きます。【郷屋敷】での結婚式の事、食事の内容や対応など何なりとお気軽にご質問、ご予約お待ちしております。